弁護士法人ブリッジルーツ名古屋

積木 丈典

弁護士

プロフィール

私は、弁護士として仕事をするときに心掛けていることは2つあります。

1つ目は、初心を忘れないということです。
初心を忘れないということは、弁護士を目指した時、弁護士となった時の心を忘れないことはもちろんのこと、事件の依頼を受けて初めて依頼者の方の相談を聞いたときの心等、その時々の初心を忘れないということも含んでいます。
私は、社会で困っている人を助けたいという思いで弁護士を目指すようになりました。 そして、依頼者の方から相談を受けるときは、その依頼者の方の最善の解決方法を提供したいという思いで依頼を受けます。
また、受けた依頼は早期に解決できるように心掛けています。
もっとも、最善の方法で紛争を解決するためには、訴訟事件等でやむを得ず時間がかかることもあります。 しかし、私は、時間がかかろうとも初心を忘れず、紛争解決の最後まで親身になって依頼者の方と接し、より良い紛争解決の方法を模索し続けることを心掛けています。

そして、もう1つは、「一球入魂」という精神です。
私は、小学生の頃から、テニスをしてきました。
テニスでは、「一球入魂」という言葉がしばしば用いられます。
テニスにおける「一球入魂」とは、一球一球に魂を込めて打てという意味です。
私は、この言葉通り一球を大切に、丁寧に打つことを心掛けてきました。
弁護士業務においてもこの精神は重要だと考えています。
私は、依頼者の皆様のために、事件の1つ1つ、その事件の手続や交渉の1つ1つを大切に丁寧に行うことを心掛けています。

経歴

  • 三重県立松阪高等学校  卒業
  • 龍谷大学法学部法律学科 卒業
  • 関西学院大学法科大学院 修了
  • 愛知県弁護士会     所属

Other attorneys at nagoya office

知弘 松川
松川 知弘
雄太 明永
明永 雄太
太郎 牧野
牧野 太郎
掛川 征展
掛川 征展
Go to top